スタッフブログ(バーLOTUSカクテル帖)

日本人が生み出したカクテル第5弾

2019.02.06 Wednesday 0:00

皆様夜分遅くに失礼致します。BAR LOTUS金澤でございます。
2月に入りました。節分は終わりましたが間もなくバレンタインデーが控えています。
最近は少しずつではありますが、日が長くなってきましたね。
前回に引き続き、日本人の偉大なバーテンダーが生み出したカクテルをご紹介します。
king king.jpg
こちらは「キングスバレイ」というカクテルです。
1986年に開催された第1回スコッチウイスキーカクテルコンテストの優勝作品です。
作者は東京、銀座の「TENDER BAR」の上田和男氏です。
スコットランドの荒涼とした原野をイメージしたグリーンのカクテルです。
名前の由来はスコッチを王とみなした「谷の王者」からきています。
優しい色合いですが、さっぱりとした辛口の味わいのカクテルです。
なんとこのカクテルは世界で初めて緑色の材料を使わず緑色を創出したことでも有名です。


BAR LOTUS  金澤 貴之

trackbacks(0)

trackback URL:

コメントする